狭山商工会議所青年部(狭山YEG)

会長あいさつ

令和4年度狭山商工会議所青年部 会長 鈴木 浩和 
【スローガン】

未来へ繋ぐ絆 ~狭山の笑顔の為に~

 

【会長所信】

令和4年度、狭山商工会議所青年部(狭山YEG)の会長を務めさせていただきます、鈴木 浩和と申します。どうぞ宜しくお願いします。

2020 年 2 月私たちの生活は一変しました。
中国の武漢で発生した新型コロナウィルス(COVID-19)は瞬く間に世界に広がり、日本へ、そして我々の狭山にも拡大しました。
会社や外出時はマスク着用、手指の消毒、お店に入る度に検温、そして度重なる緊急事態宣言での外出自粛など、誰も経験したことのない様々な制限の中で生活をし、仕事でもプライベートでも非常にストレスの多い日々を送っております。
そして、それはこの狭山 YEG の活動にも大きな影響が出ています。
例会や会議は Zoom などのオンライン開催に変更となり、七夕祭りなどの地域の皆さんと交流する機会の減少、そして何よりもメンバー同士のお酒を交えての交流も出来ない。
この 2 年間、メンバー間の交流は大幅に制限され、我々のように活動する団体にとっては、非常に厳しい状況となっており、有事とも言えるこの状況の中で我々はどうすればよいのか、日々考えさせられます。

そして、私自身も会社のコロナ対応に追われる中、「私の使命とは何か?」を考えました。

私の使命とは、
・家族の生活を守ること。
・会社や社員を守ること。
・地域を守ること。

この3つの使命は、1つ欠けても今の自分は成り立ちません。
生活の基盤である家族を守ることは当然であり、その家族を守る為には、会社を経営する立場であれば、会社で働く社員とその家族を守らなければならないです。
そして、その家族も会社も地域社会に守られているのです。

これは狭山 YEG の活動にも言えることだと思います。
我々は「お互いの家族や自身の生活向上」、「会社の発展や商売の成功」、「豊かで住みやすい街づくり」という使命を達成する為には、何をすべきかを同世代のメンバーで知恵を出し合い、例会や事業を通して共に行動をすることで、メンバーの絆が深まり会員活動の基盤となるのです。
今こそ、その活動を家族、会社、地域へと還元し、そこにいる人達の笑顔に繋げる為に次代の先導者として共に活動していきましょう。

【 令和4年度 狭山商工会議所青年部組織図 】